センパイたちの声 Voice

ホーム>センパイたちの声>生活相談員 小村 祐樹 さん

生活相談員 小村 祐樹 さん特別養護老人ホーム勤務

この仕事を目指したきっかけは?

写真:施設利用者と談笑する小村さん

祖父母の介護をきっかけに介護の世界に興味を持ちました。今後の生活をどうすればよいか分からない中、相談できる人がいませんでした。どこに何を言えば助けてくれるのか分からず、不安な日々を過ごしていました。そこで地元の大学に進学し高齢者福祉の理解を深め、将来は高齢者やそのご家族の相談援助をしたいと思うようになりました。その後、社会福祉士の資格を取り、日本原荘で生活相談員として働くことになりました。

仕事の魅力や楽しさは?

写真:施設利用者と談笑する小村さん

相談援助職は正解のない仕事だと思います。いろいろなタイプのワーカーがいるので、そのワーカーごとに関わり方や解決方法が異なります。自分とは違う解決方法を知っているワーカーに出会うと、本当に刺激になりますし、自分の仕事に反映させることが出来ます。いろいろな人に出会う中で、自分の理想の相談援助職を目指せるのが魅力ではないでしょうか。また、「あなたに相談してよかった」と言われることは、仕事をするうえで何よりの励みになります。

仕事以外にどのようなことを楽しんでいますか?

写真:施設利用者と談笑する小村さん

大学の時に野球部に所属していたので、年に1.2回野球部OB戦に出場しています。同級生や先輩、後輩と一緒に野球ができるのを楽しみにしています。野球は見ることも好きなので、大阪にオリックスを応援しに行くこともあります。外野席で大声を出して応援歌を歌うことでストレス発散しています。また、ライブやフェスに行き音楽を聴いて騒ぐことが好きです。次は〇〇のライブがある!と思うと、仕事を頑張ることが出来ます。

主な1日の流れ
  1. 8:30始業・記録確認
  2. 9:00短期入所者送迎
  3. 10:00書類作成や入所申し込み者などの対応
  4. 12:30休憩
  5. 14:00サービス担当者会議出席
  6. 16:00書類作成
  7. 17:30退勤

Work & Off Shot

[Work]写真:水族館の撮影パネルで施設職員と撮影する小村さん

毎年、職場の職員旅行に参加しています。面白い先輩や後輩に囲まれています。

[Off]写真:夏フェスに参加する小村さん

大好きな夏フェス。目立つので野球のユニフォームを着ていくこともあります。

[Off]写真:野球のユニフォームでち友人と肩を組む小村さん

大学の同級生と。いまだに連絡を取り合い相談しあう仲です。

顔写真:小村 祐樹 さん

Profile小村 祐樹 さん入職7年目

勤務先 特別養護老人ホーム日本原荘
取材年 2020年

1990年生まれの29歳です。高校の時に介護福祉士、大学の時に社会福祉士を取得して日本原荘へ入社しました。内気な性格なので、「いてまえー」の気持ちを大切にしています。「やる気MAX!」をモットーに仕事をしています。

  • おかやま☆フクシカイゴ職場 すまいる宣言 笑顔で働ける福祉・介護の職場を検索できます ・認証法人一覧・登録申請手引き
  • すまいる宣言の職場で働く魅力とは。 職員インタビュー
  • すまいる宣言の事業所紹介動画
  • 福祉・介護のオシゴトMovie
  • 福祉・介護のイベント盛りだくさん セミナー・研修・説明会 Event calendar