センパイたちの声 Voice

ホーム>センパイたちの声>児童指導員 髙橋 尚史 さん

児童指導員 髙橋 尚史 さん児童養護施設勤務

この仕事を目指したきっかけは?

写真:両手を振り上げている髙橋さん

学生時代に夜間の臨時職員として児童相談所で働かせてもらっていたことがきっかけです。そこで働く職員さんたちの子どもたちとの日常場面での関わりや考え方に触れて児童福祉に興味を持ち、その関係の仕事に就きたいと思うようになりました。教員免許も保育士資格も持っていませんでしたが、心理系の大学に通っていたので児童指導員として児童養護施設で働けると知りこの仕事を選びました。

仕事の魅力や楽しさは?

写真:ボルタリングをする児童にアドバイスする髙橋さん

子どもたちと時間を共有していることです。
現在住み込み勤務のため子どもたちと一緒に生活をしています。過ごす時間も多く、人間同士なのでお互いの意にそぐわないこともありトラブルに発展してしまうことも多々あります。しかし、園の行事や日常で子どもたちと遊んだり話すことでそれ以上に楽しい時間を過ごさせてもらっています。一緒に生活している分、子どもが喜んだり笑ったりする瞬間により多く立ち会えるのは魅力の一つだと感じています。

仕事以外にどのようなことを楽しんでいますか?

写真:野球をする髙橋さん

休日は野球をするのが好きで昔からストレス発散のためにバッティングセンターに行くことが多いです。岡山県の児童養護施設職員チームに誘ってもらってからは、一緒に集まって練習したり月に2、3回試合をしたりして楽しんでいます。また、年に一度中国地区児童養護施設等職員野球大会も開催されます。県内外の施設職員の方と交流することができ、好きな野球もできるので個人的に毎年楽しみにしています。最近では友人とスノーボードやボルダリングなど今までしてこなかったスポーツにも挑戦しています。

主な1日の流れ
  1. 5:30朝食準備
  2. 7:00朝食・掃除
  3. 9:00朝礼
  4. 16:00夕食準備
  5. 17:00入浴介助
  6. 18:00夕食
  7. 20:00子どもと余暇活動
  8. 23:00就寝

Work & Off Shot

[Work]写真:園の児童と野球をする髙橋さん

園の子どもとグラウンドで野球をしました。

[Work]写真:餅つきをする髙橋さん

毎年恒例の餅つきをしています。

[Work]写真:夕食をつくる髙橋さん

ホームで夕食を作っているところです。

顔写真:髙橋 尚史 さん

Profile髙橋 尚史 さん入職3年目

勤務先 社会福祉法人豊野助成会児童養護施設みのり園
取材年 2020年

大学を卒業後、みのり園に入職しました。子ども達や先生方に支えられながら楽しく働かせてもらっています。

  • おかやま☆フクシカイゴ職場 すまいる宣言 笑顔で働ける福祉・介護の職場を検索できます ・認証法人一覧・登録申請手引き
  • すまいる宣言の職場で働く魅力とは。 職員インタビュー
  • すまいる宣言の事業所紹介動画
  • 福祉・介護のオシゴトMovie
  • 福祉・介護のイベント盛りだくさん セミナー・研修・説明会 Event calendar