センパイたちの声 Voice

ホーム>センパイたちの声>作業療法士 橋本 実優 さん

作業療法士 橋本 実優 さん介護老人保健施設勤務

この仕事を目指したきっかけは?

写真:リハビリをする女性の施設利用者に寄り添う橋本さん

進路に悩んでいた高校三年生の頃、母が様々な職種・学校のパンフレットを私に見せてくれました。中でも理学療法士・作業療法士を勧められ、自分の直感で選んだ専門学校のオープンキャンパスへ行ったのがきっかけです。そこで「医療職ってなんだかかっこいい」という理由だけで目指した作業療法士は、身体のリハビリだけでなく、精神科でも活躍できるという点で選びました。

仕事の魅力や楽しさは?

写真:同僚の女性スタッフと一緒に男性の利用者のリハビリに寄り添う橋本さん

利用者様が「リハビリに行くと体の調子がええんじゃ」と言ってくださったり、前向きにリハビリに取り組んでいた利用者様が徐々に歩けるようになったり自分で出来る事が増え、ご家族の方や他利用者様に「よく歩けるようになったね」等と褒めてもらい、嬉しそうにしている姿を見るのもリハビリスタッフの喜びです。また、利用者様が笑顔で話しかけてくださったり、一緒に昔話をしたりする時間もとても楽しいのでスタッフは毎日癒されています。

就職した後にギャップはありましたか?

写真:2人の男性の同僚と並んで写真に収まる橋本さん

病院での作業療法士の役割は、上肢機能訓練や日常生活動作訓練(食事・入浴・排泄・更衣・整容等)が主ですが、介護老人保健施設では、機械を使用しての運動や歩行訓練、立ち上がりの練習などを主に行っています。理学療法士も作業療法士も同じような内容のリハビリを提供しているところにギャップを感じましたが、やはり利用者様の「笑顔」が私のやりがいになっています。

主な1日の流れ
  1. 8:25朝礼
  2. 8:40業務
    その日リハビリのある利用者様を複数人ずつリハビリ室にお呼びし、リハビリスタッフ全員で全利用者様と関わりながらリハビリを行うため、担当は持っていません。
  3. 11:40カルテ入力
  4. 12:15昼休憩
  5. 14:00業務
    午前中に入浴などでリハビリを出来なかった利用者様や午後からが良いという利用者様のリハビリを行います。
  6. 16:30カルテ入力
  7. 17:00終礼

Work & Off Shot

[Off]写真:3人のうらじゃを踊る連のメンバーと一緒にいる橋本さん

自分が所属しているうらじゃ連とは別に、他の連で踊らせて頂いた時の写真です。

[Off]写真:黄色い衣装を着て踊る橋本さん

岡山桃太郎まつり2018で踊っている様子です。

[Off]写真:植え込みの前で手にジュースを持ち友達と並ぶ橋本さん

毎日連絡をとっているほど仲の良い親友と買い物に行ったときの写真です。

顔写真:橋本 実優 さん

Profile橋本 実優 さん入職1年目

勤務先 医療法人社団良友会 介護老人保健施設 藤崎苑
取得資格 作業療法士
取材年 2018年

専門学校を卒業し、藤崎苑に入職。毎日利用者様に癒されながらリハビリを提供しています。仕事が終わった後や休日は“うらじゃ(踊り)”の練習をしたり、一眼レフを持って友達と出かけたりしています。