センパイたちの声 Voice

ホーム>センパイたちの声>訪問介護員 民繁 悦子 さん

訪問介護員 民繁 悦子 さん訪問介護事業所勤務

この仕事を目指したきっかけは?

写真:屋上で白いシーツを干す民繁さん

認知症の祖母を献身的に介護する母の姿を見て心を打たれ、そんな母のようになりたいと思うようになりました。それからしばらくして、職業訓練の実務者研修の募集を見つけ、応募しました。半年間、クラスの仲間と切磋琢磨し、無事に資格を取ることができ、その後、縁があり現在の職場で働くことになりました。
訪問介護の仕事を選んだのは、在宅を希望される利用者様の支援をしたいと思ったからです。

仕事の魅力や楽しさは?

写真:利用者の自宅で掃除機をかける民繁さん

訪問介護の魅力は、一人ひとりの利用者様のニーズに沿った支援をさせて頂けることです。
家で暮らしたい、家族に負担をかけたくない、そう思われている利用者様は少なくないと思います。そんな利用者様に寄り添えて、『ありがとう』と言って頂けることが何よりの励みになります。職場の上司・同僚にも恵まれ、協力して、やりがいを持って働くことができています。

目指す目標や夢がありますか?

写真:職場でミーティングに参加する民繁さん

以前より目標としていた介護福祉士を取得し、サービス提供責任者に就任しました。
今後の目標は、サービス提供責任者という責任ある役職にふさわしい自分になることです。
そのためには、今まで以上に経験を積み、知識を身につけなければいけないと思います。
幸い、私の職場にはお手本となる人たちがたくさんいます。その背中を見て学び、助言を頂きながら成長していきたいと思います。

主な1日の流れ
  1. 8:10出勤、仕事の準備
  2. 8:20朝礼
  3. 8:30訪問開始(午前中に3~5件)
  4. 12:00昼食・ミーティング
  5. 13:00訪問開始(午後に3~5件)
  6. 16:45稼働終了・書類の記入など
  7. 17:00終業・帰宅

※日勤の例であり、早出・遅出は異なります。

顔写真:民繁 悦子 さん

Profile民繁 悦子 さん入職4年目

勤務先 社会福祉法人 松風会 ヘルパーステーション・カドタ
取得資格 介護職員実務者研修
取材年 2018年

1980年生まれ 高校卒業後は他の業種に就いていましたが、介護の仕事をしてみたいと思い介護職員実務者研修を受講、3年前に現在の事業所に就職。介護の仕事自体が初めてでしたが、先輩方の指導で少しずつ訪問介護の仕事を覚えていきました。

もっと知ってほしい!私たちのコト!

  • おかやま☆フクシカイゴ職場 すまいる宣言 笑顔で働ける福祉・介護の職場を検索できます ・認証法人一覧・登録申請手引き
  • すまいる宣言の職場で働く魅力とは。 職員インタビュー
  • すまいる宣言の事業所紹介動画
  • Okayama 福祉介護フェス
  • 福祉・介護のオシゴトMovie
  • 福祉・介護のイベント盛りだくさん セミナー・研修・説明会 Event calendar