センパイたちの声 Voice

ホーム>センパイたちの声>理学療法士 古谷 有宏 さん

理学療法士 古谷 有宏 さん介護老人保健施設勤務

この仕事を目指したきっかけは?

写真:施設利用者の女性の歩行訓練を指導する古屋さん

昔からご高齢者と関わることが好きで、一番身近で関われる仕事として思いついたのが、最初は介護の仕事でした。介護の仕事をしていく中で、徐々に疑問に思うことが増えていきました。『どうしてこの方は上手く起き上がれないのか?』『歩けないのか?』『どんな運動が適しているのか?』など、常に疑問を抱えるようになり、現在の自分の知識では解決できないことが増えていきました。そんな中、理学療法士という資格があることを知り、介護の仕事をしながら夜間の学校に通い、資格取得を目指しました。

仕事の魅力や楽しさは?

写真:スタッフと打ち合わせをする古谷さん

現在の仕事の魅力は、ご利用者様、そのご家族の“生活”に深く関わることが出来ることです。ご自宅へ訪問させて頂き、室内、屋外などの環境を確認し、専門職の立場から危険な箇所や介助方法、福祉用具の活用、自主トレーニングの指導などを行います。また、自宅で苦手な動作を通所リハビリで練習することで、利用者様から「できることが増えた」と笑顔で言われた時に、この仕事をやっていて良かったと感じています。

仕事以外にどのようなことを楽しんでいますか?

写真:施設利用者の女性を指導する古谷さん

休日は趣味の食べ歩きをしてリフレッシュしています。好物の麺類を食べに行ったり、顔に似合わず甘いケーキも大好きで、ケーキ屋巡りなどをして楽しんでいます。
また、家族サービスも行い、子どもと公園で遊んだりしながら家族と一緒に過ごす時間も大切にしています。
一年に数回は自己研鑽のために研修会に参加して、自分の職場に活かせられることを学ぶことも、とても良い刺激になっています。

主な1日の流れ
  1. 8:30出勤 朝礼 書類作成
  2. 9:00利用者様来所 バイタルチェック 個別リハビリ実施
  3. 12:00休憩
  4. 13:00リハビリ
  5. 14:00グループリハビリ 会議
  6. 15:00個別リハビリ 居宅訪問 送迎
  7. 16:00リハ記録 書類作成 清掃
  8. 17:00退勤

Work & Off Shot

[Off]写真:2人の子供と公園で自転車に乗る古谷さん

子どもとサイクリング。

[Off]写真:箱に入ったケーキを持つ笑顔の古谷さん

大好きなケーキに癒やされます。

[Off]写真:本棚の前でピースサインをする古谷さん

研修会に参加して刺激を受けました。日々、勉強。

顔写真:古谷 有宏 さん

Profile古谷 有宏 さん入職5年目

勤務先 医療法人 雄風会 高松アクティブホーム
取得資格 理学療法士・介護支援専門員・介護福祉士・住環境コーディネーター2級
取材年 2018年

21歳から介護福祉士として病院勤務。働きながら夜間の理学療法学科に入学し、理学療法士となる。病院勤務を経て、現在の通所サービスに勤務して、楽しい仲間と共に利用者様の「自立支援」に向けてのリハビリに取り組んでいます。