センパイたちの声 Voice

ホーム>センパイたちの声>児童指導員 時岡 良太 さん

児童指導員 時岡 良太 さん児童養護施設勤務

仕事の魅力や楽しさは?

写真:子どもたちと触れあう時岡さん

子ども達と共に成長できる事です。
子ども達と生活する中で、子ども達の疑問やできないことを全て教え解決する事は不可能です。そんな時、私はわからない時は一緒に調べ、できない時は一緒に挑戦する事を行っています。
最初は私のほうができていたことを子ども達がこつこつ練習を重ねることで私より上手くなった時は、悔しい気持ちもありますが、一緒に挑戦して良かったと嬉しくなります。本当に子ども達の成長の速さにはいつも驚かされます。
このように子ども達の成長を間近で感じるのが魅力の1つです。
ちなみに子ども達と挑戦して出来るようになった事は「登山」「一輪車」「二重跳び」などです。

目指す目標や夢がありますか?

写真:登山をする時岡さん

子ども達との目標は「富士山登頂」です。今、子ども達の頑張る力を伸ばす為に数人で登山を行っています。少しずつ標高を上げ「中蒜山」「大山」「剣山」と登頂できたので、そろそろ富士山に挑戦を考えています。いろいろ準備や計画を進めて子ども達と富士山の上でおにぎりを食べたいと思います。
個人の目標は「特別支援教育士」の資格取得です。児童養護施設では愛着障害や発達障害を抱えた子ども達がいます。心のケアでは心理士が専門的に支援・助言を行っていますが、行動面での専門的支援がまだ十分ではありません。施設の専門性を高めるため双方様々な観点から子ども達の理解を深め一人ひとりに合った支援へと繋げていきたいと考えています。

仕事以外にどんなことを楽しんでいますか?

写真:パフォーマンスをする時岡さん

休日はストリートダンスをしています。現在は高校生から一緒に始めた地元児島のチーム「NEXUS」と岡山のチーム「RUFF SQUAD」で活動しています。
個人ではダンスコンテスト等の審査員や司会も行っています。
またダンスだけではなくジャグリングを取り入れた「T's Dance Company」でも活動し、最近では中国地区児童養護施設研究協議会の交流会でパフォーマンスをさせてもらいました。
ダンスは普段出会わない職種の方や外国の方とも知り合える事、また年齢に関係なく幅広い年齢層と交流できる事が魅力です。最近では中学生の頃から好きでテレビでよく見ていた元DA PUMPのKENさんと一緒にダンスができ、夢を叶える事ができました。
次の目標はダンスをした事の無い人、昔やっていたけど家庭を持ってできない人などいろんな人が楽しめるダンスの交流の場を作りたいと考えています。

主な1日の流れ
  1. 13:00業務開始(遅出)
  2. 14:00幼稚園降園
  3. 15:30小学生下校
  4. 16:00小学生学習
  5. 17:00入浴
  6. 18:00夕食
  7. 20:00幼児・幼稚園児 就寝
  8. 21:00小学生 就寝
  9. 22:00中高生 就寝

※その他、早出(小学校・幼稚園登校業務)、夜勤等の勤務形態あり。

Work & Off Shot

[Work]写真:餅つきをする時岡さん

年恒例の餅つき

[Work]写真:ベンチを塗り直す時岡さん

古くなったベンチを子ども達とペンキで塗り直し

[Off]写真:中国地区児童養護施設研究協議会の交流会で記念写真に収まる時岡さん

中国地区児童養護施設研究協議会の交流会でのパフォーマンス

Profile時岡 良太 さん入職9年目

勤務先 社会福祉法人恵聖会 児童養護施設 玉島学園
取得資格 児童指導員
取材年 2016年

1985年生まれ倉敷市児島出身。川崎医療福祉大学卒業後、児童養護施設玉島学園に就職する。学生時に覚えたダンス、アクロバット、ジャグリング等を生かし子ども達と関わっている。