センパイたちの声 Voice

ホーム>センパイたちの声>介護職員 金田 真歩 さん

介護職員 金田 真歩 さん特別養護老人ホーム勤務

第2回カイゴ男子&カイゴ女子 発掘プロジェクト 女性部門グランプリ

写真:介護職員 金田 真歩 さん

いつも近くで寄り添い、多くを学べる喜び。

この仕事を目指したきっかけは?

写真:女性施設利用者と折り紙をする金田さん

私が介護福祉士を目指したきっかけは母の影響でした。母も福祉の仕事を長年しており幼い頃から身近で母の働く姿をみていました。母に連れられデイサービスへ行く機会もありその時に感じた高齢者の方とふれあう楽しさを、歳を重ねた今でも覚えていたという事が自身の中では大きく介護士を目指すきっかけになったと思います。また、職員も利用者様も笑顔で過ごしていたという印象が残っており、自分も周りに笑顔を届けられる様な仕事をしてみたいと思いました。

仕事の魅力や楽しさは?

写真:女性施設利用者の食事の介助をする金田さん

周りに「介護の仕事をしている」と話すと体力的にも精神的にもしんどそう。と言われる事がよくあります。もちろん一切ないというわけではありませんが、そういうものは仕事をしている上ではつきものだと思うので、特別「介護だから」とは思っていません。私の中では考え方ひとつで楽しく働く事のできる仕事だと思っています。ご利用者様の中には季節の行事等を楽しみにされている方も多く「お祭り」では普段はなかなか食べられない食事を楽しめたり、会場の雰囲気(飾り付け等)もガラッと変わるので目・耳・口・体全体で楽しめる事ができます。なかなか会う事ができないご家族も行事には参加して下さったりするので家族水入らずの時間を過ごす事ができ、思い出作りにもなるので、とてもあたたかさを感じます。何よりみなさんの笑顔が多く見れる事がとても魅力的です。

福祉・介護の仕事を目指している人たちへのメッセージ

写真:職場でスタッフと打ち合わせをする金田さん

私は学生の頃からずっと勉強があまり得意ではなく「何もできることがない」と思う事もありました。もちろん勉強する事はとても大切な事だと思いますが「それだけが全てではない」と教えてくれたのが「介護」でした。今の日本には若い人達の手を借りたい!と必要としてくれている高齢者の方・身体の不自由な方が多くいると思います。相手の気持ち・立場になって考える事はとても難しい事だと思いますが、わからない・難しいながらも向き合う価値がある事だと思います。私自身も、まだまだ日々勉強中です。私の中ではご利用者様・職員の笑顔が元気の源になっています。介護・福祉に興味のある方、好きだと感じてくれる人がこれからも増えるといいなと思います。

主な1日の流れ
  1. 8:30朝食準備・朝食介助
  2. 9:30入浴介助
  3. 12:00昼食準備・昼食介助
  4. 14:00アクティビティ
  5. 15:00おやつ・水分介助
  6. 16:00排泄介助
  7. 17:30夕食準備・夕食介助

※その他、早番、夜勤等の勤務形態あり。

Work & Off Shot

[Work]写真:お好み焼きのキャベツを切る金田さん

クラブ活動も楽しさが詰まっており、おこのみ焼き作り等もします。

[Work]写真:夏祭りでダンスを一緒に踊る職員と記念写真に収まる金田さん

季節の行事も魅力的で、夏祭りでは職員でダンスを披露しました。

[Off]写真:カラオケで歌う金田さん

歌が好きでプライベートでは友達とカラオケに行き、楽しんでいます。

顔写真:金田 真歩 さん

Profile金田 真歩 さん入職2年目

勤務先 社会福祉法人ことぶき会 特別養護老人ホーム おもいやり
取得資格 介護福祉士
取材年 2016年

1995年生まれの22歳。高校卒業後、介護科の専門学校へ2年間通い介護福祉士の資格を取得する。入社1年半でユニットリーダーという役職に就く。まだまだ新人リーダーなのではじめての事も多く、日々勉強中です。